キャッシング用語集-さ行キャッシングSL




キャッシング用語集-さ行
残高スライドリボルビング方式
残高によって月々の最低返済額が変動する方式。
ただし、返済によって減った分については変動しない。
追加融資を受けるとその時点での残高に見直され、変動するのが一般的である。
CD
キャッシュディスペンサー(Cash Dispenser)の略。
現金を引き出せる機械のこと。入金の機能を持たず、あくまでも払い出しのみの専用機。
これに対してATMは入金機能も合わせ持つが、高額な為に小規模貸金業者では保有が難しい。
実質年率
実質年率とは、1年間に換算した場合の利率である。
例えば10万円を実質年率18%で借り入れた場合、1年間で18,000円の利息がつくことになる。ただし、利息の計算は毎月残高に対して計算されるので、実際は18,000円になることはなく、それよりも安い金額となる。1年間利息のみ支払い続けた場合は18,000円となる。
しかし、大手消費者金融では利息のみの支払いを可としている会社はない。
学生ローンでは元金自由返済方式を採用しており、利息のみの支払いを可としている。

実質年率は法律で表示することが義務付けられており、平成21年2月現在の上限金利は29.20%である。これは出資法の上限金利であり、利息制限法で定める上限金利との差の部分をグレーゾーンという。また、平成22年6月までに完全施行予定の新貸金業法では、出資法の上限金利が20%まで引き下げられる。

続きを読む

キャッシングSL・トップページ

(C) 2009 キャッシングSL