学生ローンの合法性キャッシングSL




学生ローンについてはしばし社会的な批判がある。
具体的にどのようなケースが考えられるか、
1.親の承諾なしに貸し付けをしている。
2.学生という身分上、返済能力に問題はないのか。
3.未成年者への貸し付け


学生ローンに対する問題点は概ね上記のようなものである。
1と3については扱いが難しいところではあるが、法的見地からすれば違法性はない。
だが、同義的な問題も残るところだ。子を持つ親の心情からすれば、まさか未成年の学生が消費者金融に手を出すとは夢にも思わないところであろう。
利用者である学生の立場からすれば、「ちゃんと返済をすれば何の問題もないだろう」と思うのもわかる。学生ローンの立場からすれば、もし親に対して事前の連絡をした場合、9割以上の確率で貸し付けを拒むであろう。これは学生ローンからすれば営業上得策ではない。また、事前連絡はプライバシーの保護という観点からも問題がある。
これらの問題は、お互いの立場から意見が別れるのは致し方のないことなのだが、客観的に判断した場合、まず第一に学生とはいえ「借りる権利」がある。学生ローンからすれば貸し付けに関わる情報を、例え家族といえども知られないように配慮するのもごく自然な対応だ。
学生は親のスネをかじる身分である。学費・生活費等、親の仕送りで生活する学生は星の数ほどいる。そんな状況で遊ぶ費用を親に頼めるだろうか?こうした状況において学生ローンは学生の間で支持を受けているところなのだ。統計的には9割の利用者は支払いを確実に履行する。つまり誰にも迷惑をかけないでいるわけだ。おおかた問題となるのは、残りの1割である。これらを総合的に判断した場合、学生ローンの存在は少なくとも社会批判に晒される類のものではないといえる。

キャッシングSL・トップページ

(C) 2009 キャッシングSL