キャッシング業界が抱える最大のテーマ・過払い金返還請求のはじまりキャッシングSL




平成17年頃までの消費者金融業界におけるキャッシング平均金利は25%ほどであった。
平成17年7月19日、最高裁による取引履歴の開示義務を言い渡す判決・平成18年1月13日、事実上のみなし弁済を無効とする判決を期に、過払い金返還請求が一気に加速した。
それ以前にも同様の争いがあり、利息制限法上限利率を超えて支払った利息については、無効とする判決があったのも事実である。
しかし、取引履歴の開示義務がなかったことや、みなし弁済の有効性等から、貸金業者からすればさほど問題とはならなかった。


続きを読む

キャッシングSL・トップページ

(C) 2009 キャッシングSL