返還請求で大儲けした認定司法書士の脱税キャッシングSL




過払い金返還訴訟で得た報酬、2.4億円を隠した疑い
東京国税局が認定司法書士を告発

多重債務者の過払い金返還請求訴訟など債務整理問題に取り組んでいた司法書士が報酬の大半を申告せず曝していたとして、東京国税局から所得税法違反(脱税)容疑で東京地検に告発されたことが分かった。隠した所得は約2億4千万円に上るとみられる。 
「認定司法書士制度」が03年から導入され、法務大臣の認定を受けた司法書士なら、弁護士同様の業務の一部をできるようになったが、同制度に絡んで脱税容疑で告発されたケースは初めてだ。
告発されたのは、東京都港区に事務所を開いている平田学則司法書士(38)。
取材に対し、「既に修正申告している」と話している。
関係者によると、平田司法書士は04年に認定司法書士の資格を取得。ホームページなどで「借金問題を解決」 「24時間、365日対応」などと掲げ、消費者金融などに多額の借金をしている債務者からの相談に乗っていた。
特に最近は、法定金利以上の返済をしている多重債務者の代理人として、過払い金の返還請求のための訴訟や交渉などを手がけていたという。
平田司法書士は金融機関に5口座前後を自分の名義で開設し金融業者からの返金や顧客からの報酬を分散して受け取っていた。しかし、このうちの1口座分しか申告の対象にしていなかったという。隠した所得は07年までの2年間で約2億4千万円で、脱税額は約9千万円に上るとみられる。

続きを読む

キャッシングSL・トップページ

(C) 2009 キャッシングSL